より良いウェブサイトはより良いパートナーと共に

より良いウェブサイトはより良いパートナーと共に

より良いウェブサイトはより良いパートナーと共に

ウェブサイト制作に限ったことではなく、何かを作り上げたり成し遂げたりするためにはパートナーが必要だと思いませんか?
今回は弊社のキャッチコピーとして掲げている「より良いウェブサイトはより良いパートナーと共に」について書いていきます。

ウェブ制作会社に求める条件はなんですか?

より良いパートナーとして、ウェブサイト制作会社に求める条件はなんでしょうか。

  • 企画提案をしてくれる
  • クオリティの高いウェブサイトを制作してくれる
  • 対応が早い
  • 親身になって考えてくれる
  • 料金が安い など

ほとんどの場合は上記のような要素を条件として判断していませんか?
このあたりを少し具体的に分析していきます。

企画提案をしてくれる

弊社は比較的リーズナブルにウェブサイト制作を請け負っていますが、単純に制作作業のみに対応しているわけではありません。
ブラックボックスに包まれていると言われがちなウェブサイト制作の費用ですが、意外と基準は簡単だったりします。

  • 企画提案を含むのか制作のみか
  • 制作会社かフリーランスか
  • 会社規模が大きいか小さいか
  • オリジナルデザインかテンプレート制作か
  • システム開発があるかないか
  • 写真撮影や取材・原稿作成があるかないか など

上記いずれの項目も前者を含む方が後者よりも価格が高くなるポイントになります。
これらの組み合わせによって、価格には大きな幅が生じます。
閲覧している環境はほぼ同じ規模に見えても、そのウェブサイト公開に至るまでのプロセスだったり、裏側で動いているシステムの規模によって数万円〜数十万円程度の価格差が出ることはよくあります。

では「企画」とは何でしょうか。

[名](スル)ある事を行うために計画をたてること。また、その計画。くわだて。「秋の公演を―する」

デジタル大辞泉では上記の様にありました。

「企画」と言っても内容は千差万別です。

  • 想定されている構成をベースに具体的なウェブサイトの構成を企画する
  • 業種や業態に応じてウェブサイト全体のコンテンツを企画する
  • コンテンツの内容について企画する など

サーバーやドメインの選定、ツールの選定なども企画提案に含まれます。

ウェブサイト公開までのプロセス

先ほどこのような書き方をしましたが、「企画」の有無や濃度はここがポイントです。
ある程度ウェブサイトの構成をお客様の方で固まっている場合と何も決まっていない場合では、ウェブサイトを実際に制作する作業に入る前段階の作業量が異なります。
そこにかかる「作業のボリューム=費用」となります。

その他、取材や原稿作成は必要か、写真撮影や動画制作は必要か、このあたりの必要性は制作するウェブサイトの目的に応じてご提案させていただいております。

クオリティの高いウェブサイトを制作してくれる

制作されるウェブサイトで重視すべきポイントの一つとして「クオリティ」があります。
パッとイメージされるのはデザインのクオリティですね。
以前のウェブサイトではデザインのクオリティが最も重要なポイントでした。
しかし最近ではデザインのクオリティに注力するよりも、ウェブサイトの構成やデバイスの最適化、SEO対策などの方がプライオリティは高いのではないでしょうか。
決してデザインが重要ではない、ということではありません。
限られた時間や予算の中で、どこを最も重視してウェブサイトを制作するか、ということです。
これら要素を調整しながらウェブサイトを構築することが、クオリティの高いウェブサイト制作につながります。

対応が早い

弊社で最も重視しているポイントは対応のスピード感です。
ご相談いただく内容にもよりますが、100%のリターンを10日後にするよりも、ひとまず80%のリターンを3日後に、残り20%を10日後にする方がお客様に喜ばれると考えております。
メールの返信も極力スピーディーにすることも心がけています。

親身になって考えてくれる

これも弊社では重視しているポイントになります。
規模が小さい会社ですので、顧客親密度が高く小回りや柔軟性という点では他社よりも優位であると考えております。
お客様の困りごとを解決することが満足度の高いサービスの提供につながります。

料金が安い

これは比較対象があって判断されるポイントとなります。
冒頭の方で「弊社は比較的リーズナブルにウェブサイト制作を請け負っています」と書きましたが、これはお客様からそのような評価をいただくことが多いことから書かせていただいております。
逆にご発注いただけなかったお客様から「高い」と言われたこともありますので、相対的な評価となるポイントではないでしょうか。

より良いパートナー選び

ウェブ制作会社は全国にたくさんあります。
会社組織ではない、個人事業主の方(フリーランス)まで含めたら数千規模ではないでしょうか。
その中から最良のパートナーを選び出すことは難しいかもしれません。
気になる制作会社があれば、まずはお気軽にご相談いただくことをオススメします。

弊社に興味やご関心をお持ちいただけましたら是非ご相談ください
あなたの困りごとを解決させていただくため全力でサポート致します。

株式会社横浜ネットサポート
メールでのお問い合わせはお問い合わせフォームからお願いします。
ウェブコンサル・運用/ホームページ制作/SNS支援・運用などウェブの困りごとをサポートします!

関連記事

  1. 個人商店やクリニックと小さな会社のホームページ

  2. 小規模事業者持続化補助金事業

  3. スマートフォン向けに最適化は必要なのでしょうか

  4. ホームページのリニューアルを考えるタイミングは?

  5. あなたの悩みは私が答えを持っているかもしれない

  6. ウェブサイトの運用を引き継いで欲しい