IT導入支援事業費補助金 IT導入支援事業者に採択されました

IT導入補助金とは

IT導入補助金は中小企業や自営業の方々がITツールを導入する際に活用できる補助金です。
今まではMAツール、グループウェア、経理ソフト、CRMツールなどを導入する場合に有効な補助金でしたが、昨今の新型コロナ感染症の流行により、特別枠(C類型)が新たに設けられました。

C類型ではテレワーク環境の整備であったり、非対面型ビジネスモデルへの転換など新型コロナ感染症の拡大防止に向けた具体的な対策を行う場合のITツール導入でも活用出来るようになりました。

参考:IT導入補助金2020ウェブサイト

非対面型ビジネスモデルへの転換

「非対面型ビジネスモデルへの転換」という言葉が分かりにくいかもしれませんが、店舗を構え対面で商売をしていた小売店が、オンラインでの販売に転換していくということになります。
完全に切り替えるということではなく、対面のみではなくオンライン販売も始めるという場合も含まれます。

その際、今回の特別枠(C類型)では補助の割合が総額の4分の3までと、今までの通常枠(2分の1)よりも大幅にアップしました。
最大450万円ですので、総額600万円規模のECサイト構築で450万円補助されます。(自己負担150万円)

フルスクラッチで開発をしなければ、中々600万円規模のECサイト構築とはなりません。
各社が提供しているECカートサービス、カラーミーショップ、Makeshop、ショップサーブ、フューチャーショップなどを使った構築、ヤフーショッピングや楽天市場などのモールへの出店についても対象となります。

特別枠(C類型)の2020年度申請締切

特別枠(C類型)は2020年の5月11日から受付を開始しており、現在は8月31日(月)締切の6次締切分が受付中です。
7次締切分が現在予定されている本年度最終となり、9月30日(水)が締切となります。

申請はオンラインで可能ですが、事前に書類の準備や作成が必要なため、それなりに時間がかかることが予想されますので、導入をご検討でしたらお早めにご相談ください

横浜ネットサポートはあなたの困りごとを解決させていただくため全力でサポート致します。

株式会社横浜ネットサポート
メールでのお問い合わせはお問い合わせフォームからお願いします。
ウェブコンサル・運用/ホームページ制作/SNS支援・運用などウェブの困りごとをサポートします!

関連記事

  1. デザインやプロトタイプを共有できる「Adobe XD」が結構便利かもし…

  2. ウェブサイト制作の楽しさ

  3. ホームページのリニューアルを考えるタイミングは?

  4. 生きてるホームページに変えませんか?

  5. スマートフォン向けに最適化は必要なのでしょうか

  6. より良いウェブサイトはより良いパートナーと共に

    より良いウェブサイトはより良いパートナーと共に