カシオがコンパクトデジタルカメラ事業から撤退・・・

お気に入りのコンパクトデジカメはカシオです

ITmediaのニュースで知ったのですが、カシオがコンパクトデジカメ事業から撤退するようです。

リンク:カシオ、コンパクトデジカメからの撤退を正式発表 「市場縮小により挽回できず」

私が愛用しているコンパクトデジカメは2つあるのですが、その内の1つがカシオのコンデジ。
EX-ZR10というモデルで、発売当時は高性能の割にはお手頃価格だったと記憶しています。
オートフォーカスが早く、暗所でも綺麗に撮れたり、まだなじみの少なかったHDR、高速連写、ハイスピード動画など機能も盛りだくさん。
軽いし丈夫で使いやすかったんですが、プレミアムオートで撮影をした時の画質がちょっと嘘くさい修正?補正?になっているのが気になりましたけど・・・。

いま調べたら、このモデル2010年11月に発売してるんですね。
春に購入した記憶があるので、購入時期は2011年。
すでに7年も経ってました。
いまでも動作に何の問題ないですが、私は一眼を使う機会が増えたので、妻のメインカメラになっています。

このカメラを購入する前に使っていたコンデジもカシオでした。
多分このモデルです。
買い換えた理由は「壊れた」から。
EX-ZR10も壊れていたら買い換えたかもしれないですけど、まだ頑張っているだけに残念です。

スマートフォンの普及もあるけど・・・

スマートフォンのカメラがかなり性能アップしているので、コンデジは売れないんでしょうね。
ちょっと前であれば、とりあえず撮影はスマートフォン、ちゃんと取る時はコンデジって感じだったと思いますけど、最近は子供の運動会でもスマートフォンで写真も動画も撮ってる方多い気がします。

単純にスマートフォン内蔵カメラの画素数とか、レンズ性能のアップという要素よりも、そのままSNSにアップしたり友人や親とシェアしたりするような使い方が増えたせいでしょうね。
いちいちデジカメの写真をPCに取り込んで、それをメールで送る・・・というのは手間がかかるので敬遠されてしまったのでしょう。
今回は関係ない話題ですが、パソコンも売れないみたいですね。
スマートフォンで必要十分だそうです。

SDカードにWi-Fi機能が搭載されていて、スマートフォンやPCに転送できたりしますが、転送速度が遅くてイライラします。
私も持っていますが使っていません。

ソニーのミラーレス一眼は、iPhoneのアプリでリモコン撮影が可能で、リサイズされた画像がiPhoneにも保存されるから、そのままSNSに投稿が出来て便利ですけど、コンデジで同じような機能を持たせても使わないですよね・・・。

ミラーレス一眼の普及も影響ありそうですよね。
一眼カメラと言うと「高嶺の花」というイメージがありましたが、コンパクトでリーズナブルなミラーレス一眼の登場で、「この値段だったらもうちょっと出してミラーレスにしようかな」という流れもあるかと。

一般社団法人カメラ映像機器工業会という団体が発表している資料によると、コンデジがカテゴライズされている「レンズ一体型カメラ」は2012年からどんどん売り上げ台数が減少しています。
2012年は77,982台、2017年は13,303台なので5年で83%減!
レンズ交換式は2012年が20,157台、2017年が11,676台なので42%減。
どちらも減少率は大きいですが、コンデジはかなり減ってしまいましたね・・・。

詳しくはこちらをご覧ください。
リンク:デジタルカメラの総出荷(タイプ別)(PDF)

これを見ると、ミラーレスはあまり影響なさそうですね。
一眼レフは減少していますが、ミラーレスはほぼ横ばいなので。

PDFは表だったので、視覚的にわかりやすいグラフを作りました。

こうやって見ると、ものすごい勢いでコンデジは減少していますよね・・・。

コンデジ事業からの撤退は、今後他のメーカーも追随しそうです。

関連記事

  1. 関東地方で大雪が降ると4年ぶりです

  2. 最近の夏の暑さは、子供の頃の当たり前が通用しませんね

  3. メモリ増設したので大分ストレス軽減されました

  4. メールの署名は必ずお願いしたいと思ったことありませんか?

  5. 新しいiPad(第6世代)9.7インチを業務で快適に使うために

  6. 職住近接を実践して感じたこと