Mac mini 2011のHDDをSSDに換装した

新型Mac miniが発表&発売されましたが……

以前のブログでも書いたかもしれないですが、自宅のPCは2011年のMac miniです。
何度かOSのアップデートをしていたら、一つの動作(アプリ立ち上げやフォルダ開くなど)だけでレインボーがクルクル回ったり、起動するのに数分かかったりでストレスなので使う頻度が減っていました。

「新しいMac miniが出たら絶対に買い換える!」

と意気込んでいたところ、遂に新型が発表&発売されました!!

ですが、最小構成でも¥96,984もしますし、ストレージが128GBしかないので、せめて256GBに増やしたいところ。
そうすると¥120,744となってしまい、非常に高いです。
性能は文句なしでかなりのハイスペックではあるようですけど、自宅マシンでそれほどのスペックは入りません。

そんなわけで自宅PCをどうするか、選択肢がゼロになってしまいました。

SSDに換装すると速度アップ?

自宅PCもiMacにするか、新しいMacBook Airにするか……などと悩んでいたところTwitterで「iMacをSSDに変えたら爆速!」みたいな投稿が、ちょうどTLを流れた来たので、「これだ!」と。

さっそく検索してみると、同じMac miniでHDDをSSDに換装している人が大勢いました。
本当に早くなるのだろうか?という気持ちは拭えなかったのですが、1TBのSSDが2万円弱だったのでダメ元でやっても良いだろうと判断しました。
最悪外付けのポータブルストレージにしてもOKですしね。

早速購入

思い立ったらすぐに行動するタイプですので、Amazonですぐに必要な道具含めて購入しました。

2.5インチ用のケースエアーダスター、トルクス含む特殊ネジのドライバーセット、そしてSSDです。

余談ですが、このドライバーセットは三角頭のネジにも使えます。
お子さんいらっしゃる方はわかると思いますが、これがあればマクドナルドのハッピーセットに付いてくるおもちゃの電池も交換できます!

ひとまずSSDをケースにセットします。

SSD初期化とHDDの複製

SSDをUSBで接続するとエラーが出てしまいます。

これは「初期化」を選択してください。

名前は何でも良いです。
デフォルトの「名称未設定」でもOKです。

初期化が完了したら既存のHDDを丸ごとSSDに複製します。
スクリーンショットを撮り忘れてしまったんですけど、普通に起動して実行するとエラーになってしまいますので、必ずセーフモードで起動をしてください。
Macをお使いの方であればお馴染みの「コマンドキー(⌘)+R」を押しながら起動です。

セーフモードで起動したら「ディスクユーティリティ」を選択。
接続しているSSDを選び「復元」を選択します。
「復元元」をOSがインストールされているディスク、特に変更していなければ「Macintosh HD」を選びます。

ディスク容量次第ですが、これは時間がかかるので私は寝る前にセットしました。
朝起きたら複製は完了です。

元々のHDD容量と新しいSSD容量が異なるとエラーになるという情報もありましたが、私の場合は問題ありませんでした。
HDDは512GBで、SSDは1TBでエラー出ずに複製出来ました。

これで換装するための準備は完了です!

本体バラして交換します

以前のMac miniは簡単に中を開けることができます。

これは裏面なんですけど、この丸く黒い部分を反時計回りに5度ほど回すと外れます。

蓋を開けると7年分の誇りが……。
これを手で取り除いた後、エアーダスターでブシューっと。

まずはメモリとファンを取り外します。

続いてWi-Fiのネジを外し、マザーボードのネジを外すとHDDを取り外せます。

もうHDD取り外してしまった画像です。

当然同じサイズです。

あとは外した時と逆の順番で組み立てれば完了です。
ばらす時に参考にした動画を掲載しておきます。
これを見ればバッチリだと思います!

さて、本当に速くなったのだろうか

ディスクへの書き込み速度を測定するアプリ、「Blackmagic Disk Speed Test」を使って調べました。

HDDの測定結果

WRITEもREADも40MB/sに満たない結果でした。
続いてSSD。

SSDの測定結果

WRITEが460MB/s、READが500MB/sでした!
なんと10倍以上の速度アップです!

測定結果を確認せずとも、起動時間の早さやアプリの立ち上げ速度で、確実に速度アップしていることは実感していましたが、測定結果を見て納得です。
これはSSDに換装して良かったです!

大満足ですが……

もっさりしていたのでアップデートを見送っていたOS。
SSDに換装して爆速となったので、High SierraからMojaveにアップデートをしようと思ったんですけど、なんと!

Mac mini 2011はMojave対象外でした……。

残念ですけど仕方がありません。
High Sierraのサポート終了まで使い続けます。

古いMacを使っていて、動作がもっさりしているなぁ・・・と感じる方、メモリ増設よりもSSD換装をオススメします!

関連記事

  1. キャンプはお好きですか?

  2. 会社のこと、ロゴのこと

  3. 最近の夏の暑さは、子供の頃の当たり前が通用しませんね

  4. 業務で使うパソコンに不満が・・・

  5. ETC休日割引適用日変更の不思議

  6. メールの署名は必ずお願いしたいと思ったことありませんか?