カメラ(レンズ)の沼は深いと聞いてはいたが、すでに足を踏み入れてしまったのかもしれない 

レンズ沼を知っていますか?

カメラマニアの間ではメジャーな「レンズ沼」を知っていますか?
一眼レフやミラーレス一眼などのレンズ交換式カメラを買った人がハマる沼のことを指します。

約1年半ほど前に、ソニーのミラーレス一眼α6000を購入しました。
ダブルズームレンズキットだったので、子供の運動会などズームが必要な時でも210mmまであるので十分・・・のはずでした。

1歩目はα6000の購入から

α6000を購入する時、前職の社長がカメラ好きなので「APS-Cとフルサイズどちらが良いですかねー」と相談をしました。
その答えは「予算的に買えるならフルサイズをすすめるけどねー」と。

当時α6000のダブルズームレンズキットが9万〜10万円。
フルサイズの一眼レフはボディのみで15万円〜位だったと思います。
安めのレンズ買っても20万円オーバーだし、200mm以上のズームが欲しかったのでα6000を購入しました。

600万画素の一眼レフを昔使っていましたが、約4倍の画素数があるα6000。
パソコン上で画像を拡大してもキレイだし、ボディはコンパクトで扱いやすいので「買って大正解!」と思っていました。

しかし、それほどたくさんの写真を撮った訳ではないのですが、ちょっと物足りなさを感じ始めます。
仕事柄プロカメラマンが撮影した写真をたくさん見ます。
当然ある「腕の差」は置いといたとしても、あまりにも差がありすぎるんじゃないかと。
(ほぼ腕の差しかないんですけどね・・・)

そこで私はフルサイズ機が欲しくてたまらなくなりました。
「フルサイズを使えば、私の写真ももっと良くなる!」と思い始めたら止まりません。

悩んだらハイエンド機を買うべきだと思った

もう買う気満々の私は仕事の合間に横浜ヨドバシで実機を色々触りまくります。
そもそも、あまりカメラの知識はないので、メーカーごとの特徴やモデルごとの差もわかっていません。
私の中ではキヤノンかソニーしか選択肢はないので、

キヤノンだったら5D、ソニーだったらα7。

5Dは型落ちのMark IIIでも約30万円、α7R IIは約20万円。
一方は一眼レフで、もう一方はミラーレスということもあり、普通であれば比較対象とならない2機種だと思いますが、私が欲しいと思う機種はこの2つ。

仕事で写真を撮ることもたまにありますが、プロカメラマンではありませんので、5D Mark IIIは持て余すのでは・・・と思ったことと、4K動画を撮影してみたいということで、α7R IIに決めました。
4K動画を撮っても自宅のテレビでは見られないんですけどね。

新品の購入を視野に入れつつ、ヤフオク、メルカリ、マップカメラを毎日チェック。
そんな中、購入から9カ月しか経っていない、ほぼ新品がヤフオクに出品されていました。
ちょっとずつ値段が上がっていくチキンレースはしたくなかったので、「この値段以上は出さない」と決めた金額で入札。
何人もの人が入札をしていきますが、私が常に最高入札額をキープ。
そのまま最後までキープして見事落札できました!
最終的には設定した上限まであと500円という、絶妙な設定でした。

レンズは複数買うことが出来ないので、24−240mmというオールマイティなレンズを買いました。

α6000と同じαシリーズなので、操作方法もほぼ同じ。
ISOがなんと!25600まであります。
どのくらいノイズがでるのか試してみたいですが、まだ試せていません。

そしてレンズ沼にはまる・・・

はい。
見事にレンズ沼にハマったかもしれません。

オールマイティに撮れる24-240mmレンズを購入したと書きましたが、これが大きくて重たいんです。
なので、単焦点レンズが欲しくなってます。
SIGMAがEマウントのフルサイズ向けレンズだしました。
f1.4の24mmか35mmが欲しいですね。

と、悩んでいたらTwitterでカメラ好きの人からオールドレンズを勧められてしまいました。
知らなかったんですが、オールドレンズは数千円で買えるんです。
とうぜんAFは使えないのでマニュアル撮影ですけど、それはそれでありかな・・・なんて。

もし何かレンズを購入したら、またご報告しますね。
キャンプで星空撮影するのが楽しみです。

関連記事

  1. 業務効率が上がると個人的に思っているブラウザツール

  2. 2周年を迎えました

  3. 解雇できる権利は必要か

  4. 「地元」という感覚

  5. キャンプはお好きですか?

  6. いろいろな人と繋がっていく楽しさ